メールが届かない方はこちら

CATEGORY

LOGIN

CART

商品数:0点

合計:0円

お会計
プロが認める洗剤「Va bene」

つけおき洗い

1.液につけ込む(5分程度)

衣類はできるだけ、きれいにたたんでから液の中に5分程度つけ込みます。(洗濯機は回転させません)水の中で衣類が泳ぐ位の枚数が適当です。

液につけ込む

2.軽く脱水

すすぎの前に一度脱水します。脱水が始まり、本回転(音が静かになる)になって5秒程度で衣類を取り出してください。

脱水5秒程度

※過剰脱水は脱水ジワの原因になりますのでご注意ください。

3.すすぎ

新しい水を要れ、衣類をたたんだまま、水の中にくぐらせ、すすぎをします。衣類の間に残った液は、丁寧にほぐしてすすいでください。

水の中にくぐらせる

4.軽く脱水

2の要領で2度目の脱水をします。ただし、セーター類やダウンウェア類だけは少し強めに脱水し、水気を切ってください。

脱水5秒程度

※過剰脱水は脱水ジワの原因になりますのでご注意ください。

5.形を整え陰干しする

小ジワは両手で挟んで、叩いてください。シワを伸ばしてトレーナーハンガーに掛けておけば、アイロンかけの必要もない程キレイに仕上がります。

形を整え陰干しする

お洗濯の仕上がりは“干し方”で決まります。

衣類別の洗い方

衣類の種類
ポイント
セーター類

ウール・カシミヤなどは、もともと獣毛繊維ですから、洗剤によってはラノリンが失われ「絡み・ゴワつき」などのトラブルの原因になります。Va beneは、繊維のラノリンを保持しながら洗い上げます。

  • 最後の脱水は少し強めにしてください。脱水ジワはセーターを手で叩きながらほぐして仕上げてください。
  • 白物は黄ばみを防ぐため、直射日光を避け、陰干しにしてください。
背広・ジャケットスーツ類

初めて背広を家庭で洗うのは勇気がいりますが、Va beneなら絡みや型くずれの心配もなく、きれいに仕上がります。

  • 長い時間の脱水は脱水ジワの原因となりますので、脱水は短い時間(本回転になって5秒程度)で十分です。
ダウンウェアなど

ダウンウェアでもキルティングしていればVa beneで簡単に洗えます。

  • Va bene液はたっぷり使用してください。
  • 汚れの目立つ場合は、回し洗い・脱水後、汚れの残っている部分(袖、ファスナー周り、ポケットなど)のシミを専用ブラシで落としてください。
  • 脱水時間を少し長めにし、中の羽毛の水分を十分取り除いてください。
  • 最後に型を整えますが、乾かないうちに羽毛をいじらないでください。
羽毛・夏掛け布団・こたつ掛けなど
  • Va bene液はたっぷり使用してください。
  • 毛布は屏風折りにたたんで丸め、空気を抜きながらつけ込みます。
  • 三角干しは型くずれもなく、短時間で乾きます。
羽毛・夏掛け布団・こたつ掛けなど

ネクタイは本来、洗濯することを前提では作られておりませんので、できるだけ素早く洗うことを心掛けてお洗いください。

  • 干す前にタオルで挟み、4つ折りにして十分水気を取った後、表面にツヤのある平らなところに貼り付けるようにして陰干しします。
スカーフ

スカーフの大半の素材は絹です。絹は色の定着が悪く、色流れしやすい素材です。それだけに素早く洗濯することがポイントです。

  • 色移り防止のため、脱水はバスタオルにロール状に巻いて20秒ほど強めにします。
  • 脱水後はすぐにアイロンを掛けます。
    (縁をつぶさないように注意して掛けてください。)
ラメ入り衣装など

ラメは汗や酸・アルカリ・漂白剤などに影響を受けやすく、光沢を失ったり、脱色しやすい素材です。できるだけ早く洗うよう心掛けてください。

  • ラメの部分に付いたシミは専用ブラシでこすらず、叩いてください。
  • 仕上げの脱水は短めに、本回転になる少し手前で止め、シワにならないよう注意してください。
ワンピース・ブラウス類

絹は水に濡れた状態で摩擦を加えると毛羽立ち、光沢を失います。また、アルカリや日光にも弱く、細心の注意が必要なデリケートな素材です。

  • シミ抜きはブラシなどでこすらず、叩くようにします。
    (カット綿を使用しても構いません)
  • 色止め加工がされていないことが多いので他の衣装と一緒に洗わない方が良いでしょう。
サマーセーターなど

綿・麻・レーヨン・アクリル・ナイロン混紡など、素材繊維の種類も多く、ドライマーク表示が多いのがサマーセーターです。夏の衣装だけに汗の汚れも多く、こまめに洗うことが大切です。

  • 市販のハンガーで干されますと重みで伸びることがありますので、当社販売の「トレーナーハンガー」の使用をお奨めします。(トレーナーハンガー以外では平干しをお勧めします)
麻のスーツなど

麻そのものは大変丈夫な素材ですが、色止め加工がしにくく、強くブラシ掛けをすると色落ちすることがありますのでご注意ください。

  • 干すときはトレーナーハンガーに掛け、手のひらで軽く叩いてください。襟や肩口など縫い目を引っ張って整えて干せば、アイロン不要です。
  • 脱水は短めにしてください。
ムートン(敷物)
  • 洗う前に毛の部分のゴミやホコリを十分落としてください。
  • Va bene液はたっぷり使用してください。
  • 洗い上がってから干す前に、毛並みを整えてから干してください。

【ご注意】裏皮部分のなめし加工の不完全な物があり、洗濯後固くなることがありますが、これは製品自体の問題であり、お買い上げの際にご注意願います。

ランジェリー・ファンデーション・パンストなど
  • 干すときは振りさばいて、手のひらで軽く叩いてシワをのばし、型を整えて干すことがポイントです。
  • ブラジャーなどは、干す前にカップの型を整えることを忘れないようにしてください。

お洗濯トラブル対処法

洗濯中に色落ちした場合

色落ちした衣類、色落ちしやすい衣類(紺・赤・青・茶色などの濃い色の物)は早めに取り出し、最後の脱水を強めにしてください。

洗濯中に色落ちした場合

洗濯中に色移りした場合

色を移された衣類を取り出し、脱水しないで新しい水の中で広げながら丁寧にすすいでください。これで色移りした色は落とせます。

洗濯中に色移りした場合